◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
じんましん(蕁麻疹)の原因、の治療
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


i-mobile


じんましん(蕁麻疹)は、突然、皮膚に蚊にさされたような赤い腫れがたくさんできて、全身へと広がっていく症状です。
赤い腫れは、かゆみを伴い、普通は数十分から数時間以内に消えますが、半日から1日くらいまで続く場合もあります。
赤い腫れは虫刺されによくにています。
虫に刺された場合は、かくと水のようなものが出てきたり、数が増えたりすることがあります。
全体が平たく膨らんだり、赤い輪のような形になったりします。
全身のどこにでもでる可能性があり、皮膚だけでなく、内臓など体内にできることもあります。
腫れの大きさは、通常2、3ミリ程度ですが、中には数センチの大きさのものが出ることもあります。
発症する原因はいろいろあり、原因により、種類が分かれます。
卵、魚、牛乳、大豆、肉、そば、ナッツ、チョコレートなど、食べ物によって、発生するのは食事性じんましん。
抗生物質、サルファ剤、ホルモン剤アスピリンなど薬により発生するのは薬剤性じんましん。
冷水、寒い風に当たって冷えたときに出るのが寒冷じんましん。
逆に、入浴、ストーブに当たったときなど温まったときに出るのが温熱じんましん。
精神的なストレス、疲労、思い込みなど心理的な要因により発生するのは心因性じんましん。
日光に直接あたった時に起きる日光じんましん。
精神的緊張、運動、温熱などによりアセチルコリンが分泌されることにより起きるコリン性じんましん。
外部からの物理的刺激により起きる機械的じんましん。
症状が軽い場合は、しばらくすると治るので、何もしないことが多いです。
原因が明らかな場合は、その原因を取り除きます。
食べ物、薬、環境などじんましん(蕁麻疹)の原因となっているものを排除するようにする治療が行われます。
原因をどうしても除去することができない場合、特異的減感作療法という治療法が行われることがあります。
特異的減感作療法というのは、原因となる物質を薄めて注射することにより、身体をならすという治療法です。
この治療法の効果は1年程度しか継続しません。
原因がわからない場合はできるだけ刺激がないようにします。
抗ヒスタミン薬や抗アレルギー薬を服用することもあります。
症状がひどい場合、副腎皮質ホルモンの薬を服用することもあります。

i-mobile

続きを読む
PC版で見る
(C)じんましん(蕁麻疹)の原因、の治療