◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
じんましん(蕁麻疹)の原因、の治療
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


i-mobile


じんましん(蕁麻疹)はかゆみを伴い、さまざまな皮疹ができます。
皮疹は円形、地図状に盛り上がり、数分から数時間で跡を残さずに消えます。
これを膨疹発作といいます。
何度か繰り返してから、出なくなるものを急性じんましんと呼び、一ヶ月以上繰り返し続くものを慢性じんましんと言います。
皮疹は身体のいたるところにでき、体内にもできるので、上気道の粘膜にできてしまうと呼吸困難を起こして、最悪の場合は窒息してしまうこともあります。
中には胃の痛みや下痢を併発する場合があります。
治療を始める前に何が原因で、起きているかを特定することが重要です。
原因を突き止めた上で、それをさけるのが第一の治療法です。
そして、抗アレルギー薬、抗ヒスタミン薬などを内服することにより治療します。
症状の重い、急性じんましんの場合、ステロイド薬の全身療法を行う場合もあります。
症状が軽い場合は、原因をさけて経過観察するだけの場合もありますが、症状が重く、しかも呼吸困難など命にかかわる場合もあるので、その場合は迅速な処置が必要です。
原因が明らかな場合は、減感作療法といい、原因物質を少しずつ注射していく方法もあります。
発作が頻繁に起きる場合、激しい運動は避け、かゆくても我慢してかかないようにします。

i-mobile

前半を読む
PC版で見る
(C)じんましん(蕁麻疹)の原因、の治療